むかしあたしが買った車はとても素晴らしいらしき車でした。今でもちょくちょくそのことを思い起こします

生徒の頃の話です。とあるクルマクリエーターの商人の昔を通ったら、まだリリースしたてのあるクルマが飾ってありました。その容姿のかわいらしさに瞬間惚れして、さっさと注文を意志しました。納車は4か月先になると言われたがのですが、至急のぼりたかったので、ショールームに飾っていらっしゃるクルマを買うことにしました。依然ライセンス回収だったので、周辺をクルクル変わるくらいしかできなかったのですが、至極うれしくて、時間があれば洗車場に行き、手洗いで流し、ワックス脱毛をかけ、ガツガツに磨いていました。ですが、冬になり寒くなると正にエンジンの条件が悪くなり、シンボル待機で停車していると、急にエンジンがストップしてしまう障害が続きました。こんなとあるミッドナイト、幹線道を走行中、急に減少し始め、はじめて道脇にクルマを寄せたものの、ただただエンジン停車してしまいました。周りのクルマが猛スピードでとなりを通り過ぎて出向く間、不安になりながら、商人に電話するって運良くつかまったので、代クルマを持ってきてもらい、どんなに家に帰る事ができました。
他にも、ウィンカーやヘッドライトの電球が切れたり、バッテリ−が一気に上がったり、マニアック障害も思い切りあり、また、ライフサイクルが変わった事もあり、手放してしまいましたが、今でもその自動車を見掛けると「眩しいなぁ。またのぼりたいなぁ。」と思ってしまいます。手がかかる乳幼児ぐらい、かわいいについてでしょうか。
車を売ために必要な情報